このページの本文へ

ケータイ機能一本釣り 第7回

検索好きが泣いて喜ぶ!F906iの「クイック検索」

2008年07月04日 19時49分更新

文● ヤシマノブユキ 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クイック検索ってナニ?


 そもそもサーチキーによるクイック検索とは何なのか? このあたりから説明する必要があるだろう。ダイヤルキーの一番下に配置されているサーチキーを押すと、小さな検索ウィンドウが画面下部にポップアップ表示される。そこに任意のキーワードを入力し、「検索」を押すと検索結果の一覧が表示される。これがサーチキーによるクイック検索だ。待受画面に限らずどの画面上でも呼び出せるので、例えばワンセグを見ていて気になった話題をスグにウェブで調べるといったことも可能になる。

サーチキー

すばやく検索したければこのサーチキーを押そう。待受画面に限らずどの画面上でも検索ウィンドウを呼び出せる

 一般的な携帯電話の場合、ウェブ検索ならブラウザーを起動し、連絡先検索なら電話帳を開くといった具合に、何を検索するかによってあらかじめ該当機能を呼び出す必要がある。が、F906iではとりあえずサーチキーを押せばいい。いわば検索のポータルがあるようなもので分かりやすく、何よりスピーディーに探せるのがメリットなのだ。

 ただしクイック検索で何でもかんでも探せるワケではない。サーチキーの検索対象は以下の6個に限定される。

  • (1)iモード
  • (2)フルブラウザ(Google検索、同画像検索、同ニュース検索)
  • (3)地図アプリ
  • (4)辞典(学研モバイル国語辞典、同和英辞典、同英和辞典)
  • (5)電話帳(フリガナ、グループ、ランキング、メモリ番号、電話番号、シークレットでの検索)
  • (6)メール(電話帳に登録済みの人のフリガナで送受信メールを検索)

 上記以外、例えばスケジュールやメモはクイック検索の対象にはならないので、普通に「MENU」から探す。また、検索可能なメールは、電話帳に登録してある人とやり取りしたもののみとなる。読み捨てのメルマガやメール本文は検索対象外となる。さすがにパソコンのデスクトップ検索にはおよばないが、日常のちょっとした調べ物をするには十分だろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン