このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

個性派揃いのキャナァーリ倶楽部、ファースト写真集を2冊を同時発売!!

2008年06月30日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 つんく♂氏プロデュースによる9人組アイドルユニット「キャナァーリ倶楽部」の9人が、2冊のファースト写真集『キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 個の巻 初めてのサイパンひとりじめ ソロショット集 by キャナァーリ倶楽部!』と、『キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 集の巻 水着、サイパン、キャナァーリ倶楽部!』(発行:アスキー・メディアワークス、発売:角川グループパブリッシング/個の巻:3465円、集の巻:3150円)を同時発売し、その記念握手会が27日に銀座の福家書店で行なわれた。

個の巻 集の巻
「キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 個の巻」「キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 集の巻」

 2007年に発足したキャナァーリ倶楽部は現在、11歳から23歳までという広い年齢層のメンバーが集まったユニット。それぞれひらがなの愛称で呼ばれる。リーダーは特にいないが、最年長のあゆべえさんが最も仕切ってくれるという。「初めての写真集なので楽しみにしていました。素の喜びが出ていると思います」とメンバーを代表してコメント。

写真集からのカット

 2冊になった写真集についてだが、「個の巻」は1人1人のメンバーがソロで撮影されている写真で、「集の巻」は逆に9人みんなで元気に写っている写真で構成されているのが特徴。ロケ地はサイパンで、日差しが強すぎて目を開けるのに苦労したり、9人全員の表情をタイミングよく撮影するのがむずかしかったとメンバーそれぞれが語っていた。また、写真集はプロデューサーであるつんく♂氏にも写真集は見てもらっていて、「ええやん」と言われたとか。

写真集からのカット

 今までにはなかった独自の路線で活動をしたいというキャナァーリ倶楽部。アーティストとしてのリリースも順調で、7月16日には5枚目のシングルCD『瞳がキラキラ』が発売される。メンバーそれぞれが語る今後の抱負は以下の通り。

【えり~な】歌やダンスだけじゃなくて、ドラマや映画、お芝居などもやっていきたいです。
【うっちぃ】個人的なファンクラブがあるのですが、ファンのみなさんと食事会などのコミュニケーションをしたいです。
【おっきゃん】バラエティ番組に出てみたら面白いかなと思います。
【おがまな】今やっているライブやイベントを徐々に大きな会場で、たくさんの方の前でできたらなと思います。
【りっぽん】歌ももっと上達させて、日本全国に知れ渡るようなグループになりたいです。
【いくっち】いつかはドームツアーなどをしてみたいです。
【みっきー】歌もダンスの写真も大好きなのですが、今度はソロ写真集を出してみたいです!
【まっちゃん】クイズ番組など、今まで出たことのないジャンルに挑戦したいです。
【あゆべえ】日本で活躍したあとは海外でもライブをやってみたいなと思います。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ