このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

シャア最後の搭乗機「サザビー」がHGでついに登場!

2008年06月27日 19時54分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ガンダムアストレア TYPE-F」の価格は、先に発売されたモデルと同じ2940円となっている

 「機動戦士ガンダム00」から1/100スケールで「ガンダムアストレア TYPE-F」が登場。同機体が登場するのは、アニメで放送された「機動戦士ガンダム00」ではなく、「月刊ガンダムエース」(角川書店刊)に掲載の、00と同時間軸でストーリが展開する「機動戦士ガンダム00F」。同モデルは、先に発売されている「ガンダムアストレア」がベースとなっており、変更点は成形色が機体のイメージカラーの赤と頭部のマスクがクリアパーツとなっている2点の様子。そのため、「ガンダムアストレア」とパーツの互換性があり「ガンダムアストレア」を購入している人は、2つのモデルを使ってオリジナルパターンを組むことも出来るという。

アソビットキャラシティでは、プロトGNソードを装備させた状態で展示が行われていた

 なお、付属の兵装は「ガンダムアストレア」と同じで、GNビームライフル、GNビームサーベル、シールド、プロトGNソード、GNランチャーの5点となっている。

【関連リンク】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ