このページの本文へ

Shuttle「SX48P2 E」

「X48」採用でCrossFireも可能なモンスターキューブPC発売!

2008年06月26日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日こちらでもお伝えしたチップセットに「X48」を採用しCrossFire Xも可能なShuttle製キューブ型ベアボーン「SX48P2 E」の販売が今日から一斉にスタートしている。

「SX48P2 E」 X48チップ
チップセットに「X48」を採用しCrossFire Xも可能なShuttle製キューブ型ベアボーン「SX48P2 E」の販売が今日から一斉にスタート
ポップ
折しも「Radeon HD 4850」の登場でCrossFire X環境に注目が集まっている。発熱などには十分注意しつつも、キューブPCを使ったハイエンドゲームマシンに挑戦するのもありだろう

 この製品はチップセットに「X48」を採用し、CrossFire Xも可能、販売価格は約6万円前後というウルトラハイエンドキューブ型ベアボーン。今年1月に発売となった「X38」搭載モデル「SX38P2 Pro」の後継モデルだ。
 基本的な特徴も「SX38P2 Pro」から受け継がれており、特徴はPCI Express x16スロットを2本搭載しCrossFire構成も可能な点。構造上2スロットタイプのビデオカードでCrossFireは無理となる点や、電源ユニットにキューブPCでは異例の450W(80PLUS)タイプを搭載、同社が「OASIS Cooling Technology」と呼ぶヒートパイプを使った冷却機構を採用する点などは同じ。
 折しも「Radeon HD 4850」の登場でCrossFire X環境に注目が集まっている。発熱などには十分注意しつつも、キューブPCを使ったハイエンドゲームマシンに挑戦するのもありだろう。価格および販売ショップは以下の通りだ。

サイド PCI Express x16スロット
リヤ 構造上2スロットタイプのビデオカードでCrossFireは無理。とはいえ「Radeon HD 4850」であればハイパフォーマンスなゲームマシンが完成する
価格ショップ
「SX48P2 E」
¥59,613クレバリーインターネット館
¥59,780BLESS秋葉原本店
¥59,800アーク
TSUKUMO eX.
T-ZONE.PC DIY SHOP

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中