このページの本文へ

Gigabyte「GA-GC230D」

Gigabyte製「Atom」搭載マザーのOCデモ開始!

2008年06月20日 22時15分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介したGigabyte製の「Atom」搭載マザーボード「GA-GC230D」のデモがスタートした。今回デモを開始したのはBLESS秋葉原本店。
 デモ機では1.6GHzの「Atom 230」を1.8GBzにオーバークロックし、地上デジタル放送の受信デモを行なっている。なお、CPUの状態は「CPU-Z」にて確認可能となっている。

デモ展示 Gigabyte「GA-GC230D」
CPU-Z Gigabyte製の「Atom」搭載マザーボード「GA-GC230D」のデモがスタート。デモ機では1.6GHzの「Atom 230」を1.8GBzにオーバークロックし、地上デジタル放送の受信デモを行なっている

 デモ機の主な構成は、地上デジタル放送受信用にバッファロー「DT-H50/PCI」、メモリはマザーボードに搭載可能な最大容量の2GBで製品名は「Castor LoDDR2-2GB-800-R1」、HDDはSeagate「ST3250620NS」(250GB)、電源がサイズ「剛力短500W」、ケースはWindy「MC3」など。なお、デモ機を作ったスタッフによれば、「オーバークロックはCore2並の伸びを期待していたが、それほどでもなかった」とのことだ。実際に購入可能な「Atom」搭載マザーボードは、今のところインテル純正の「D945GCLF」しかないが、今後GigabyteやMSIからも登場する予定。「Atom」搭載マザーに興味のある人は立ち寄ってみるとよいだろう。

右側面 左側面
ポップ デモ機の主な構成は、地上デジタル放送受信用にバッファロー「DT-H50/PCI」、メモリはマザーボードに搭載可能な最大容量の2GBで製品名は「Castor LoDDR2-2GB-800-R1」、HDDはSeagate「ST3250620NS」(250GB)、電源がサイズ「剛力短500W」、ケースはWindy「MC3」など

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中