このページの本文へ

レックスマーク、インクジェット複合機「Lexmark X4650」「同X3650」を発表

無線LAN対応で1万4800円の複合機

2008年06月18日 21時46分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レックスマーク インターナショナル(株)は17日、IEEE 802.11b/g対応の無線LAN機能を内蔵したインクジェットプリンター複合機「Lexmark X4650 ワイヤレスオールインワン」と、パソコンとの接続用USBポートを前面に備えた「Lexmark X3650 カラーオールインワン」を6月28日に発売すると発表した。いずれも価格はオープンプライスで、実売価格は「Lexmark X4650 ワイヤレスオールインワン」が1万4800円、「Lexmark X3650 カラーオールインワン」が9980円。

「Lexmark X4650 ワイヤレスオールインワン」(左)と「Lexmark X3650 カラーオールインワン」(右)。プリント/スキャン/コピー/メモリーカードダイレクト印刷──といった機能のスペックは、両機種とも同じ。違いはボディーカラーと、無線LAN機能/前面USBポートの有無だ

両機種とも、印刷解像度は4800×1200dpiで用紙サイズはA4に対応。さまざまな用紙サイズでフチなし印刷ができる。印刷速度はモノクロ時25ppm、カラー時18ppmだ。フラットベッドスキャナーはCIS方式で、光学解像度は最大600×1200dpi。そのほか、メモリーカードスロットを内蔵しており、ダイレクト印刷機能も備えている。

サイズと重量は、「Lexmark X4650 ワイヤレスオールインワン」が幅459×奥行き331×高さ175mm/重さ約5.3Kg、「Lexmark X3650 カラーオールインワン」が幅459×奥行き317.5×高さ175mm/約5.1kg。対応システムは、いずれもMac OS X 10.3.9以降、またはMicrosoft Windows 2000(5.00.2195以上)/XP/Vista /同Vista x64。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中