このページの本文へ

アップル、サーバーおよびSANのアップデーターを一挙公開

Xserve/Xsanの安定性を改善

2008年06月18日 21時28分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は12/16日、Xserve用のEFIファームウェアやXsanの管理機能に関するアップデーター4本を公開した。同社のウェブサイトや「ソフトウェア・アップデート」経由で入手可能だ。対応システムはMac OS X 10.5.2以上。

Xserve EFI Firmware Update 1.1」には、Xserveの安定性を向上するための修正が含まれている。

また「Xsan 2.1 Admin Update」にはXsanデプロイメントのリモートでの管理、構成およびメンテナンスに関する管理機能の全般的な修正など、「Xsan Filesystem Update 2.1」にはファイルシステムの全般的な修正などが主な変更点だ。この2つのアップデーターはいずれも、Xsan 2を実行するすべてのシステムに対する適用が推奨されている。さらに、これらのアップデーターを適用後に、Xsanを削除するための「Xsan 2.1 Uninstaller」も同時に公開された。

Xsan 2.1 Admin Update」「Xsan Filesystem Update 2.1」「Xsan 2.1 Uninstaller」の対応システムは、Mac OS X 10.5以上だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中