このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第86回

ここが変わったWindows Vista 100連発!

設定が増えたグループポリシーエディタ

2008年06月23日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows XPのグループポリシーエディタ

Windows XPのグループポリシーエディタ

Windows Vistaのグループポリシーエディタ

Windows Vistaのグループポリシーエディタ

この機能はWindows VistaのBusiness、Enterprise、Ultimateでお使いいただけます。

 グループポリシーとは、多数のユーザーを管理する企業などで、一括してパソコンの設定を行なう機能である。Windows XP Professionalで搭載され、Windows VistaではBusiness、Enterprise、Ultimateの各エディションで利用できる。さらにVistaのグループポリシーは、XPと比べて格段に細かい設定が可能になっている。

 XPと同様の項目も残っているが、「リムーバブル記憶域へのアクセス」や「RSSフィード」など、多数の設定が追加されている。「Windows Defender」や「Windows SideShow」など、Vistaの新機能に関する項目も含めれば500以上の項目が増えている。

リムーバブルメディアへのアクセスを拒否する設定画面

リムーバブルメディアへのアクセスを拒否する設定画面。XPのときと同様、有効/無効/未構成を選択する

 ちなみにVistaでは、「グループポリシー管理コンソール」(GPMC)を標準で付属していたが、Windows Vista Service Pack 1で削除されてしまった。そのためGPMCを利用するには、下記のURLから入手して(XPと同じく)追加でインストールし直す必要がある。インストールすると、コントロールパネルの「管理ツール」に「グループポリシーの管理」が追加される。なお、利用する際はドメインユーザーのアカウントでログオンする必要がある。

「Windows Vista SP1 32-bit Edition 用 Microsoft リモート サーバー管理ツール」(KB941314)
「Windows Vista SP1 64-bit Edition 用 Microsoft リモート サーバー管理ツール」(KB941314)

上のURLのページから、「Windows6.0-KB941314-x86.msu」をインストールする

グループポリシー管理ツールの有効化

Vista SP1にサーバー管理ツールをインストールし、コントロールパネルから「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化と無効化」を開き、「リモートサーバー管理ツール」→「機能管理ツール」→「グループポリシー管理ツール」をチェックする

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン