このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

次世代ブラウザー 第5回

Opera社SVPに聞く「9.5」魅惑の新機能

2008年06月19日 21時28分更新

文● 細谷滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

設立以来の「軽さ」への追求

メールクライアントは新たにIMAPへ対応した。Gmailの場合、ログイン名とパスワードさえ入力すれば、サーバやポートなどの設定はいらないなど、ユーザーの利便性をよく考えてあるのが分かる

メールクライアントは新たにIMAPへ対応した。Gmailの場合、ログイン名とパスワードさえ入力すれば、サーバやポートなどの設定はいらないなど、ユーザーの利便性をよく考えてあるのが分かる



――OperaはRSSリーダーやメールクライアントなども実装しており、非常に多機能である一方、動作がとても軽快ですね。それは、今回のバージョンも申し分ない軽さでした。

冨田 普通はバージョンアップを重ねると機能が増えて重くなっていきますが、Operaの場合、バージョンアップの度に高速化することを設立以来ずっと目指してきたので、それが大きいですね。

 最近はリッチでインタラクティブなコンテンツも増えていますし、ウェブアプリケーションが求めるブラウザーのスペックというのも上がってきていますから、ユーザーが求める基準は上がっていると思います。あと、携帯電話機や組み込み機器向けOperaにも同じコードベースを使っていますので、高速に実行することが求められてきたと言うことも背景にあります。

――最後に冨田さんから見たOperaの魅力についてお聞かせください。

冨田 ユーザーの使いやすさを真剣に考えて開発している点でしょうか。たとえばタブ機能だとかツールバーに統合された履歴検索だとかマウスジェスチャーだとか、無いと不便な機能がいろいろ絡み合うことで、ものすごく高速にウェブブラウジングできるところが優れていると思います。

 あと、ユーザーインターフェースがすごくユーザー本位に作られている点も気に入っていますね。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン