このページの本文へ

WAM Photo実写速報 ― 第52回

大人のトイカメラ、ローライミニの遊び方

2008年06月17日 00時00分更新

文● 岡田清孝/カメラマン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

名機ローライを手のひらサイズ忠実に再現


正面 背面
本体正面背面

 (株)駒村商会から発売されている「Rolleiflex MiniDigi5.0」は、二眼レフカメラの名機・ローライフレックスを精巧に再現したミニチュアデジカメ。AFモジュール一体型の300万画素(1536×1536ドット)センサーを搭載し、画素補間で500万画素(2304×2304ドット)相当での出力が可能。

 レンズの焦点距離は6×6判で80mm相当(標準、35mm換算では50mm)、最短10cmの近接撮影も可能。撮影時には“巻き上げクランクレバー”が必要だったり、ファインダー前面を跳ね上げるとスポーツファインダーになるなどのギミックも楽しく、カメラマニアには最高のオモチャだ。



撮影サンプル


 画質は本家とは違ってトイデジカメレベル。描写や発色はお世辞にもキレイとは言えないが、かえってレトロ感のある独特の写真が撮れる。

 最近のデジカメのような優等生的な画質とは一味違った魅力があるので、普段見慣れている風景も新鮮に感じられる。



一般作例


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン