このページの本文へ

エンコードテクニック虎の巻第4回

ビットレートで画質を調整! CBRの秘密!【固定ビットレート編】

2008年06月10日 23時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4)レートコントロールモードを「1-パス」にセット

DivXの設定画面
レートコントロールモードを「1-パス」にセット

 「1-パス」は、別名「CBR」や「固定ビットレート」と呼ばれるモードで、常に右に表示されている「ビットレート」で映像をエンコードする。

5)「ビットレート」を変更して何本かムービーをエンコードしてみる

 ここでは低めのビットレート500kbpsをしているが、これを1000kbps、2000kbpsと変化させ3本のムービーを出力させてみよう。
 出力するムービーのファイル名にビットレートを書き込んでおくと比較するときに便利だ。
 さて出力されたムービーが計算どおりのファイルサイズかを調べてみよう。
 まず500kbpsの場合は、これに音声の128kbpsを加え、÷8してB単位に。さらに尺の×122秒することで、理論値は9577KB(=9.6MB)。だが実際のファイルサイズは、11MBと若干大きめだ。
 同様に計算した結果は、次の表の通り。

ビットレート ファイルサイズ理論値 実際のファイルサイズ
500kbps 9.6MB 11MB
1000kbps 17MB 17MB
2000kbps 33MB 32MB

 誤差はあるものの、ほぼ理論値に一致といった感じだ。
 エンコードした映像は、コチラからダウンロード。

 画質を比較してみるとどうだろう。

・500kbps

シーン1 シーン2
全体的にブロックノイズが発生している。動きのある部分では、画面のほとんどがモザイク

 舞い散る木の葉が、エロくて写せないものなのかっ!というぐらいモザイクに!

・1000kbps

シーン1 シーン2
人物の輪郭はだいぶはっきり見える。木の葉も「木の葉」と認識できるぐらいだが、やはりブロックノイズ

 500bpsの倍のデータ量なので、それだけ細かい部分も描画できるようになってきているのが分かるだろう。

・2000kbps

シーン1 シーン2
人物の両サイドにあるアジサイも描画できるレベルに。舞い散る木の葉の輪郭もしっかり!

 さらに倍のデータ量なので、ほぼブロックノイズは解消され、動きのある木の葉もしっかり描画できてる。
 動画なのでその一瞬(1/30秒)を切り取って映像比較するのは、いろんな要素が絡んでくるため正確な映像比較はできない。なにせ人の目は中心にいる人物に意識が集中するので、木の葉がどれだけハッキリと描画されようが、そこまで注目できないのだ。
 ただ全体的に見て、ビットレートが高いほど高画質になるというのが、実験から体感できただろう。

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ