このページの本文へ

未来型の野菜は近所のスーパーにあった!

外はプチプチ、中はトロ~リ! 近未来野菜「アイスプラント」を食らう!

2008年06月10日 13時00分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まずは食べてみる

 アイスプラントのどのあたりがミラクルなのか、スペックを説明するためにまず一口食べてみよう。決してお腹がすいたわけではない。生のままで食べられるそうなので、そのままパクリ。

アイスプラント

洗っただけのアイスプラントをひと口。塩味と酸味の絶妙な組み合わせが美味い! 海○雄山に食べてほしいくらいだ

 ひと口噛んでみたら……、水泡から出る水分に、程よい塩味とわずかな酸味が感じられ、プチプチという食感が心地いい! しかも多肉質の葉が柔らかく、最初から味がついているからドレッシングなしでも十分イケる! 葉っぱをひと口のつもりが、ひと枝モリモリと食してしまったではないか。決してお腹がすいていたからではない。

アイスプラント

アイスプラントの断面。葉の厚さは場所によって異なるが1mm~2mmくらい

 このアイスプラントは、リンゴ酸にナトリウムやカリウムなどのミネラル類、そしてカロチンを豊富に含み栄養学的にも優れているとのこと。粒々の部分は水を蓄えるプラッター細胞と呼ばれるモノらしい。

 そして、アイスプラントが野菜として日本で栽培されるいきさつと、栽培方法を調べたら科学的にビックリな事実が判明した!

次のページへ続く

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン