このページの本文へ

マイクロソフト、データ管理ソフト「Microsoft Expression Media 2」を発表

写真も音楽も書類もこれ1本

2008年06月06日 20時54分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は4日、プロ向けのメディア管理ソフト「Microsoft Expression Media 2」を6月7日に発売すると発表した。価格は通常版が2万5800円、アップグレード版が1万2800円。

Microsoft Expression Media 2 「Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition」ユーザーは、付属の「Microsoft Expression Media」のシリアルキーを使えば無償でダウンロードできる。なお、本ソフトは7月18日に発売されるWindows用デザインスイート製品「Microsoft Expression Studio 2 日本語版」(価格は通常版が8万7800円、アップグレード版が4万3800円)にも付属する

Microsoft Expression Media 2」は、写真/ムービー/音楽/PDF/テキストデータなど100種類以上の形式をまとめてカタログ化して管理して保存する、メディア管理ソフト。さらに、専用プレーヤーを起動することなくムービーや音楽を再生したり、iPhotoライブラリに追加されたデータを自動的に読み込んで保存したりする機能もある。

Microsoft Expression Media 2
ソフトに取り込んだ表示方法は、リスト/サムネイル/メディアの3種類。サムネイル表示では、写真やテキスト、ムービーの内容をひと目で確認できる(左)。ファイルの詳細情報を確認できるリスト表示は、ファイルの種類や名前、容量順に並べ替えることも可能だ(右)

本バージョンの主な更新点は、キーワードの階層化、MP3ファイルのアルバムアートやGPS情報に基づいた地図表示への対応、サポートメディアの増加などだ。

対応システムは、Mac OS X 10.4以上、またはWindows 2000/XP/Vista。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中