このページの本文へ

サン電子、iPod充電機能付きのFMトランスミッター「FMIP-307」シリーズを発表

バッテリーの心配不要、音質もアップ!

2008年06月06日 20時27分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サン電子(株)は6日、iPodの充電機能を備えたFMトランスミッター「FMIP-307」シリーズ2モデルを6月14日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格が6000円前後。

FMIP-307」シリーズは、iPodの音楽をFM電波で飛ばし、車載FMラジオで再生するためのトランスミッター。本体およびiPodへは車載のシガーソケットから給電するため、長距離のドライブでもバッテリー残量を気にする必要がない。また、車のエンジンの始動/停止動作と連動してiPodの再生を自動でオン/オフできる「オートオペレーション」機能を備えているほか、「デジタルチューニング」機能により音質の向上化も図られた。

カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2種類を用意。より小型になり、音質も向上した

このほか、シガープラグ部にUSBポートを備えており、ここから各種デバイスの充電が行える。トランスミッターの本体サイズは幅37×奥行き90×高さ19mm、重さは65kg。Dockコネクターを搭載したiPodと接続可能だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中