このページの本文へ

iPhone発売は「ほんの出発点」

林信行に聞く「ソフトバンク、iPhone発売」

2008年06月05日 06時25分更新

文● トレンド編集部、語り●林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone発売は「ほんの出発点」


 ここで忘れてはならないのは、iPhoneの国内キャリアが発表されたということは、ほんの出発点に過ぎないということ。これはいろいろなことにおいての出発点だ。

iPhone SDK
iPhone用のアプリ開発キットは無料で入手できる

 ある人にとっては、iPhoneやドコモが年末、auが来年までに出してくる「Android」に対応したウェブアプリケーション、あるいはネイティブアプリケーションの開発に本腰をいれなければならない、というスタートサインになるだろう。そして、ある人にとっては、これらのパソコンの文化を持つ新世代携帯に負けない、日本製の新世代携帯の開発に本腰をいれる出発点になるはずだ。

 今年はそうでなくても、いろいろな新技術や、新しい業界トレンドで日本のケータ業界の様相が大きく変わっている年だが、日本版iPhoneの発売は、この「変化」をさらに加速させるはず。

 ケータイは、ほぼ1人が1台所有し、常に肌身離さず持ち歩く最も重要な電子機器であり、これを押さえることは、次のデジタルライフスタイルを描く上で主導的立場を取ることでもある。

 ぜひ、日本のメーカーの方々には、経営トップも巻き込んで、御社ならではの個性、特色を活かしたケータイはどんな製品か御社はどんなデジタルライフスタイルを描くことができるかを真剣に議論して全力を尽くして製品開発にあたってほしい。

 もはや、販売奨励金も実質なくなり、携帯電話の買い替えサイクルも長くなり、これまでのような端末開発はできなくなってくる。この先、いつかは真剣に考えなけれならないときがやってくるはずだが、立ち止まって熟考するのに今以上にベストなタイミングはない。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン