このページの本文へ

アニメ業界最大の乳!1000mmオーバーの乳を見ろっ!

2008年06月04日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 頭部のバイザーは、可動式となっており戦闘時の閉じた状態を再現できる。

バイザーは可動式となっている

 メカ的なところに着目すると、胸部と腹部は2つのパーツに別れ、アイギスのような人工皮膚らしきものは持っていない様子。

大腿部もボールジョイント方式になっており、アイギスに比べるとクラシカルなメカニカル機構が採用されたロボット

 キャラクター自体がシンプルなので、フィギュアもシンプルな作り。しかし、腰周りのパーツなどは、ビス1本1本まで丹念に作り込まれている。

脳細胞のレセプターのようなシャフト拳アクチュエータ?やビス1本1本もていねいな作り

 また見逃しがちなこんなところも、こだわりを感じずにはいられないだろう。

赤い部分のエッジには、陰もペイントされており、武器にはビス穴や3枚の板で構成されている部分もキッチリ再現

 なおASCII.jp的には非常に悲しいが、キャストオフはできない。

 ん?ロボットだからオーバーホールか?

 そのかわりに、こんなスペシャルアイテムの写真をお届けしよう!

え?コレ武器なんすか? ゲームをプレイした人だけに分かる爆笑アイテムなのか?

 1/7スケール「ペルソナ3フェス メティス」は、オーキッドシードから6月に発売される予定で、価格は6800円となっている。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ