このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

シーゲイトがHDD10億台を出荷!

出荷HDDの総容量は7900万テラバイトッ!

2008年06月03日 13時13分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
小林 剛氏
日本シーゲイト代表取締役 小林 剛氏

 4月末、米シーゲイト・テクノロジー社は同社の出荷したハードディスクドライブ(HDD)の出荷台数が10億台に達したと発表した。10億台のHDDの総容量はおよそ7900万TB(テラバイト)!……って言われても、ちょっと想像するのも難しい。

 その10億台出荷を記念して、5月30日、同社の日本法人 日本シーゲイト(株)が「ハードディスク今・昔」と題したワークショップを開催した。

 「シーゲイトがHDDの生産を開始したのが1979年。実に29年をかけて10億台ものHDDを出荷したことになります。ところが、次の10億台目を出荷するのは、今から5年以内であると予想されています」と話したのは、同社代表取締役 小林 剛氏。そんな話を皮切りに、今まで同社のHDDが歩んできた道のりがとうとうと語られた。

 シーゲイト・テクノロジーは、1979年アメリカで5人の創業者がそれぞれ1万ドルを(自腹で!)出し合って設立された。最初の事務所はコンビニの裏だったそうだ。創業当時は、5人の中の中心人物の名前をとって「シュガート・テクノロジー」という社名であったが、翌年に現在の「シーゲイト・テクノロジー」に変更し今に至る――。といってもそんなに平穏な29年だったわけはなく、アメリカ企業にありがちなM&Aの繰り返しによって成功と発展を遂げたのだという。クァンタムがマックストアに買収され、そのマックストアを買収したのがこのシーゲイト・テクノロジーなわけで……。それはともかく、そういう具合にして現在7社に絞られたHDD業界において、トップシェアを誇る規模になった同社なのである。

シーゲイト・テクノロジー社の変遷
シーゲイト・テクノロジー社の変遷。いかに多くの企業が同社に吸収されてきたかがわかる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ピックアップ