このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

世界中の大人たちに届け、この思い!

洞爺湖サミット前に子どもサミットが開催

2008年06月13日 13時00分更新

文● 末岡大祐/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月7~9日にかけて北海道で洞爺湖サミットが開催される。北海道洞爺湖サミットはG8の首脳が集まり、世界経済、環境問題、アフリカの飢餓問題といったテーマを話し合う、世界的に注目を集めている一大イベントである。北海道中をあげてイベントに協力していると言っても過言ではない。

 しかし、環境問題などを憂慮しているのは何もエライ大人たちだけではない。子どもだって、日本の、ひいては世界の将来について考えているのだ。そんな子どもたちが集まってディスカッションを繰り広げる「子ども宇宙サミット」が洞爺湖サミットに先駆けて、去る5月23~25日に苫小牧で行なわれた。

子ども 子ども
会場となった苫小牧市民会館。ロビーでは物販やパネルの展示などがあった

 このイベントでは洞爺湖サミットよろしく、世界各国から集まった子どもたちが、各国の状況をプレゼンテーションし、さらにいくつかの分科会に分かれて子どもたち自身が今何ができるのかを話し合った。そして、来る洞爺湖サミットへ向けての提言文をまとめることを目的としていたのだ。

子ども 子ども
総勢40名以上の子どもたちが参加した。彼、彼女たちの瞳には、今の地球はどのように映るのか?

 参加した子どもは日本から20名、海外から9名の出席者、そしてサミットの様子をブログなどで発信する取材団「ユースリポーター」の13名である。国外は、ツバル諸島、韓国、香港、インドネシア、オーストラリアから、日本からは地元北海道をはじめ、東京や大阪、南は沖縄まで、各地域から集まった。

次のページへ続く

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン