このページの本文へ

おサイフケータイ、PHSでも利用可能に

2008年05月26日 20時17分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウィルコム(株)が今年度中をメドにモバイルFeliCa対応のPHS端末を発売することが明らかになった。

喜久川政樹
ウィルコム代表取締役社長の喜久川政樹氏

 同社代表取締役社長の喜久川政樹氏が、26日に行なわれた記者会見で、QuickPay、ANAおよびJALの航空機の搭乗券、Edy、モバイルSuica(2009年度上期)などに順次対応していくとコメントした。

対応サービス
対応するモバイルFeliCa対応サービス

 喜久川氏は、会見の冒頭で高度な進化を遂げたのに世界市場では孤立している日本の状況が、「ガラパゴスケータイ」(ガラパゴス諸島は、島国であるゆえ独自の進化を遂げた生態系が生じている)などと揶揄される点に言及。ウィルコムは、いたずらに端末の高性能化や、付加的な利用の拡充ばかりを求めた商品開発を行なわないと明言した。

ウィルコムの方向性
ウィルコムはガラパゴスケータイを目指さないと喜久川氏。

 これを踏まえ、FeliCaに関しては、すでに国内ではすでにサービスがすでに浸透し、生活密着のための必須機能と認識していると述べた。

 なお、具体的な搭載端末に関しては、基本的には(次世代ではなく)現行のPHS端末で展開することで合意しているが、Windows Mobile搭載のスマートフォンではなく、それ以外のOSを搭載した端末での採用が最初になるのではないかと言及するにとどまった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン