このページの本文へ

箱を開けてすぐマルチディスプレイ (2/4)

2008年06月05日 16時00分更新

文● 吉澤亨史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

省スペースとはいえ、侮れない拡張性

本体の前面には、USBやIEEE 1394、PCカードスロット、ダイレクト・メモリースロット、マイク、ヘッドホンなど、よく使う端子が装備されている

本体の前面には、USBやIEEE 1394、PCカードスロット、ダイレクト・メモリースロット、マイク、ヘッドホンなど、よく使う端子が装備されている

 FMV-DESKPOWER CEは幅89×奥行き368×高さ340mmというスリムな筐体を採用しながらも、最大4GBのメモリー、最大500GBのHDDを内蔵でき、CPUにクアッドコアの「インテル Core2 Quad Q9300」(2.50GHz)を選択できる。

 チップセットは「インテル G35 Express」を採用し、内蔵のグラフィックス機能を利用することも可能だが、グラフィックス性能をさらに向上させたい場合は「ATI Radeon HD 2400 Pro」を選択したほうがいい。

「ATI Radeon HD 2400 Pro」搭載のグラフィックスカード

「ATI Radeon HD 2400 Pro」搭載のグラフィックスカード

 Radeon HD 2400 ProはATIのGPUラインアップとしてはローエンド向けの位置づけだが、「H.264」の再生支援機能を搭載している点が特徴だ。H.264の再生(デコード)はかなりの負荷がかかるため、再生支援機能のないビデオカードだとスムーズに再生できないこともある。

 最近では、メモリーカードやHDDに記録するタイプのハイビジョンビデオカメラでは、H.264(AVCHD方式)で記録する製品も多く、またBDレコーダーやDVDレコーダーでは、ハイビジョン映像をH.264形式でDVDメディアに保存するフォーマット(AVCREC)が登場している。現在のところAVCRECを再生できるソフトがないが、将来的に再生支援機能は必須の機能になるのは間違いない。

 光学ドライブには、DVD±R DL(2層)書き込み対応のスーパーマルチドライブを搭載し、背面に4ポート、前面に2ポートのUSB端子を装備する。IEEE 1394、PCカードスロット、ダイレクト・メモリースロット(SD、SDHC、メモリースティック対応)マイク、ヘッドホン端子なども前面にあり、使い勝手がよい。PCI Express x16スロットも搭載し、高い拡張性を持つ。

本体の背面には、4つのUSBポート、音声入出力、光デジタルオーディオ、LANなどが装備される

本体の背面には、4つのUSBポート、音声入出力、光デジタルオーディオ、LANなどが装備される

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LOOX
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通