このページの本文へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第4回

開発者に聞く「もう水素ロータリーは実用化?」

2008年05月23日 13時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NOXの削減と出力増大の二律背反

───細かいことですが、内燃機関は燃焼させてエネルギーに変換しているので、窒素酸化物(NOX)を排出すると思うのですが?

柏木 窒素は空気の主成分なので、水素と空気を燃焼させている限りは、窒素酸化物が排出されるのは確かです。しかし、軽減させる努力は水素ロータリーエンジンでも行なっています。燃料の濃さをある程度下げると、窒素酸化物はほとんど出ません。そのため、燃料を薄めて燃やすということが解決策です。


 ある程度パワーを出したいときには、どうしても濃くしますが、そのときは、EGRという排気ガスの還流装置を使用します。排気をバイパスさせ、吸気に戻すことで、NOXを限りなく抑制しています。水素ロータリーエンジンは、低公害車といわれる4つ星車よりもNOXの排出量は少ないのです。

水素エンジンのマークはRX-8もプレマシーも同様に付けられます。どちらのクルマもガソリンを併用するので、水素とガソリン、それぞれの給油口があることが特徴です。

次のページへ続く

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン