このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第61回

【最新パーツ性能チェックVol.61】

「Phenom X3 8750」コア1つ分の価値はいかほど?

2008年05月20日 21時13分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Unreal Tournament 3

 このテストでは画質関係の設定を最高に設定し、マップ「DM-ShangriLa」をデモモードで回した際のfpsを比較した。解像度設定はCrysisと同じ。

Unreal Tournament 3 DM-ShangriLa (単位:fps)

Unreal Tournament 3 DM-ShangriLa (単位:fps) better→

 このゲームの3Dエンジンは、レンダリングを担当するスレッドとゲーム内処理やAIを担当するスレッド、そして物理演算やデータの解凍等を担当するスレッドを同時に実行する。つまりコア数が多い方が伸びるはずなのだが、ここでも9500の結果よりもX3 8750の方が優秀な結果を残している。数値的にはトップとの差は誤差程度だが、これはほぼテスト環境における上限値と考えてよいだろう。1コア少なくても、十分速いというのがこのテストの感想だ。

Sandra XII

 では最後にSandraによる「CPU Arithmetic」および「Cache and Memory」のテストをチェックしてみよう。

Sandra XII Processor Arithmetic Dhrystone(単位:score)

Sandra XII Processor Arithmetic Dhrystone (単位:score) Fast→

Sandra XII Processor Arithmetic Whetstone(単位:score)

Sandra XII Processor Arithmetic Whetstone (単位:score) Fast→

Sandra XII Cache & Memory Benchmark
によるメモリのデータ転送速度(単位:MB/s)
TestBlock Size Phenom X4 9850 Black Edition Phenom X4 9850 (3core&Downclock) Phenom X3 8750 Phenom 9500
2KB 135014 119110 114788 125593
4KB 175205 116307 116399 154003
8KB 167297 114745 115026 147171
16KB 170447 124632 125759 149793
32KB 180407 131763 131892 158280
64KB 156475 108752 108469 135885
128KB 141168 98840 98835 119078
256KB 131558 94045 93832 114971
512KB 89660 56168 55995 78892
1MB 75603 54648 54457 66498
4MB 29500 22229 20813 25617
16MB 4577 4850 4691 4383
64MB 4546 4765 4618 4333
256MB 4587 4943 4652 4335
Sandra XII Cache & Memory Benchmark

Sandra XII Cache & Memory Benchmark

 このテストではコア1つ分の差がかなり明確に表れている。特にCache and Memoryでは、転送ブロックサイズが256kbまではどのCPUもデータの転送性能を最も発揮できるという点は変わらないが、3コアになったことで全体的にパワーダウンしていることが見てとれる。 ただ、Unreal Tournament 3やCrysisのようにメモリーからデータを頻繁に読み書きするようなアプリでも、X3 8750とX4 9850BEの差は大したことない。あくまでこのテストは限界値の差はあるが、実アプリではそれを実感できるケースはあまりない、という結論になるだろう。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中