このページの本文へ

Subberbian(サバービアン)

2008年05月19日 19時44分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
ビデオカメラで撮影したムービーに映画のような字幕を付けたいのですが、iMovie '08では難しくて……。
A
QuickTimeで開けるムービーに、オリジナルの字幕を簡単に追加して書き出せるソフトを使ってみましょう。
今回紹介するオンラインウェア
Spirited Away Subberbian
開発元/Pencil Software
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://pencilsoftware.com/

動画に字幕を簡単に付けられるお手軽ソフト

 iMovieでも「タイトル」を使って字幕のような効果を出せるが長いムービーでは大変な作業になってしまう。字幕を付けるなら、専用ソフトを使ったほうがベター。そこで、「Subberbian」の登場だ。

 まず、字幕として挿入したい文句(台詞)を「テキストエディット」でブロックごとに改行して入力。あとは、エンコーディングを「Unicode(UTF-8)」にしてプレーンテキストとして保存しておく。

 次に、ムービーを「Subberbian」のアイコンにドロップして開き、あらかじめ作成しておいた字幕のテキストファイルを読み込む。あとはムービーを再生しながら、字幕を選択して挿入したい個所で「Next words」ボタンをクリックし、字幕が必要ない個所では「Blank」ボタンをクリックしていけばいい。

Subberbian ムービーの再生が速すぎるときはスライダーで再生速度を調節しよう。中央揃え/斜体などの装飾を施すことも可能だ。「Preview」での表示はムービー内での見え方とは少し異なるので、配置などを確認するために使うといい

 再生時の見え方は、「Preview」にチェックを入れた状態で登録した言葉をクリックすれば確認できる。

Subberbian 「環境設定」では、字幕に使うフォントの種類/サイズ/文字色、左右のマージン、縁取りなどを設定できる。ムービーの解像度によって字幕のサイズが見えにくくならないよう、映画などを参考に最適な字幕のサイズを考えるのが見栄えをよくするコツだ

編集した字幕データは、表示する時間や色などの情報とともに保存しておいて再利用することも可能だ。

(MacPeople 2008年5月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中