このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

北京を観るイイ・テレビ、選び方のキモは?

2008年06月04日 18時00分更新

文● 西川由美子、トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
各社シリーズ発表会のようす

ピンからキリまで、“テレビ業界”の知識をつけろっ!


 前回の記事で、テレビを選ぶ以前の基本は身についたと思う。だが、ここで安心するのはまだ早い。いざ売り場に行ってみれば、多くのメーカーのテレビが所狭しとひしめいている。山と積まれたテレビたちを目にしてすぐさま「これが自分にはイイ!」と選べるのは、神か麻倉怜士先生くらいのものなのだ。

 今のあなたに足りていないのは「各社のシリーズがどんな人に向いているか」という知識、言ってみれば“ギョーカイ知識”だ。目的にあったモデルを選ぶには、現在市場に出回っているテレビたちの性格を知る必要がある。

 まずは最新の主要なモデルを、各社が言うところのハイエンド/ミドルレンジ/ローエンドに分けてみた。

各社シリーズの主要なラインナップ。ハイ/ミドル/ローは各社のシリーズごとに分類しているため、必ずしも同じ価格帯や機能とは限らないので注意


 各社共通の機能として、ハイエンドモデルはフルHD画質や高コントラスト、ネットワーク対応などが挙げられる。同様にミドルレンジはリンク機能や倍速駆動、ローエンドはカラーバリエーションなどが挙げられるだろう。

 だが、上記のハイ/ミドル/ローの切り分けはあくまでメーカーによるもの。インチサイズや機能が必ずしも各社で横並びというわけではない。

 そこでここからは、筆者が「欲張り多機能」「フルHD+ワンポイント」「お安めセカンドモデル向け」の3タイプに厳選したオススメを紹介する。それぞれの目的に合わせた選び方のポイント、またオススメ機種を見ていこう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン