このページの本文へ

meet-meでも発表会

トヨタ with 釈由美子をネット上で2元中継

2008年05月12日 22時33分更新

文● 末岡大祐/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トヨタ自動車は12日、ミニバンのフラッグシップモデルである「アルファード」のフルモデルチェンジと、アルファードの兄弟車であるニューモデル「ヴェルファイア」の発表会を都内で行ないました。

 ゲストに招かれた釈由美子さんは、約3億円相当の衣装を身にまとって登場し、会場を大いに沸かせました。

「上品」「洗練」がコンセプトのアルファードに負けないくらい、超豪華なドレスで登場した女優の釈由美子さん。同時中継されている「トヨタメタポリス」でのアバターと一緒にリアルとバーチャルの釈さんが会場に花を添えました(写真右)

 この発表会は、meet-me内の「トヨタメタポリス」と連動しており、東京の釈さんと名古屋会場の豊田章男さん(トヨタ自動車副社長)を繋いで両者のアバターが挨拶したのち、それぞれ新型車の紹介をしました。最後は再び釈さんと豊田さんのトークショー(チャット)でバーチャル発表会は幕を閉じました。

アバター

会場では仮想空間トヨタメタポリスでの発表会の様子が中継されていました

質疑応答

豊田副社長みずからが一般ユーザーからの質問に回答するなど、ネットならではの光景が見られました

 現実世界の発表会はその後も続行され、アルファードとヴェルファイアに釈さんが乗り込んで、両車の違いについて説明しました。

ヴェルファイア

新型車のヴェルファイア。上品、洗練のアルファードに対し、こちらは「力強さ」「先進性」がコンセプトのデザインです。基本的にシャーシは同じなので、運動性能はアルファードもヴェルファイアも変わりません。デザインが好きなほうをどうぞ

アルファード

大ヒットモデルとなったアルファード。約2トンもの車重を感じさせないパワフルなV6 3.5リッターエンジンがウリです。後部座席は飛行機のファーストクラスかのような大型ヘッドレストとアームレスト、オットマンを備え、まさに人を乗せるためのクルマです

 トヨタメタポリスでは、このようなイベント以外にもトヨタの4ディーラー(トヨタ、トヨペット、トヨタカローラ、ネッツ)が設置されて、それぞれの店舗の販売ランキング上位4台が展示されています。これらのクルマは、外観はもちろんインテリアを見ることができたり、さらにカタログ請求もできるとのことです。なお、現在はβ版となっており本格稼働は10月からになります。

 攻殻機動隊などで有名な押井守さんがデザインを監修したというトヨタメタポリス。無料で利用できるので、クルマ好きならログインしてみてはいかがでしょうか。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン