このページの本文へ

Coolink「GFXCilla」/「ChipChilla」

CoolinkからVGA&チップセット用クーラー登場

2008年05月02日 23時15分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CoolinkからGeForce/Radeonシリーズに装着可能なビデオカード用クーラー「GFXCilla」とチップセット用クーラー「ChipChilla」が登場した。

GeForce/Radeonシリーズに装着可能なCoolink製ビデオカード用クーラー「GFXCilla」。仕様は銅ベース+アルミ製フィン+6mm径のヒートパイプという構成。それに回転数2000rpmの80mm角ファンを2基搭載している

 「GFXCilla」はヒートパイプ付きヒートシンクと薄型8cmファンを組み合わせたビデオカード用クーラー。
 仕様は銅ベース+アルミ製フィン+6mm径のヒートパイプという構成。それに回転数2000rpmの80mm角ファンを2基搭載している。対応GPUの詳細についてはメーカーの確認ページでチェックしてほしい。付属品としてメモリ用ヒートシンクを同梱する。価格はオリオスペックで4480円となっている。

付属品としてメモリ用ヒートシンク(RAM用×6、Low-Profile RAM用×4、レギュレーター用×大4/小4)を同梱する

 「ChipChilla」はヒートパイプ付きヒートシンクにファンを組み合わせたチップセット用クーラー。主な仕様はサイズが60(W)×36(D)×94(H)mm、重量は130g。ファンは60mm角で、回転数が2200rpm、ノイズレベルは19dB。価格はオリオスペックで2380円となっている。

主な仕様はサイズが60(W)×36(D)×94(H)mm、重量は130g。ファンは60mm角で、回転数が2200rpm、ノイズレベルは19dB

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中