このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

526gのUMPC Wibrain B1の魅力

2008年05月14日 19時00分更新

文● マッチョ軍曹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wibrain B1」
韓国製の「Wibrain B1」。国内ではブルレーでの通販のほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、ソフマップの一部店舗でも購入できる

 「UMPCはあくまでサブマシン。どうせ選ぶなら思いっきり遊びたい」だって? OK、そんな兄弟たちにお勧めなのがこれ。数あるUMPC(関連記事)の中でも異彩を放ちまくりのマシン、「Wibrain B1」だ!

 一見するととてもパソコンに見えないこのルックス。どう見ても携帯ゲーム機だよな? しかしこれ、Windows XPがバリバリ動くれっきとしたUMPCのひとつなのだ。

本体上部のウェブカメラ
本体上部の折りたたみ式ウェブカメラ。無駄なギミックに男心がくすぐられる!

 細かい話はあとにして、まずはこの独特のデザインをどう見るか? 好き嫌いがはっきり分かれるところなのは分かるが、俺はか・な・り好きだ!

 俺がWibrain B1から感じたのは70年代レトロフューチャー! ゴム製のキーボードは昔の電卓を彷彿させるし、ヘアライン仕上げに金属パーツの縁取りは、ラジカセ、もしくは懐かしのゲームウォッチのようでもある。折りたたみ式のウェブカメラは、昔のスパイ映画のようで明らかに無駄なギミック! でも、そこがまたいいのだ! 「この仕掛けでいったい何ができるんだろう?」 昔の電子機器には、そんなワクワク感が詰まっていたもんだ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン