このページの本文へ

マイクロソフト、「Microsoft Messenger for Mac 7」を公開

MS Messengerがメジャーアップデート

2008年05月02日 23時51分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は30日、メッセージングソフト「Microsoft Messenger for Mac 7」を公開した。同社の「Mactopia Japan」から無料でダウンロードできる。

Microsoft Messenger for Mac 7」は、「Windows Live Messenger」用のパーソナルアカウントと、「Office Communications Server 2007」用のコーポレートアカウントを使ったインスタントメッセージの2種類を利用できる。本バージョンでは、Mac OS X の「Bonjour」機能をサポートしており、ネットワーク上のメンバーを素早く自動的にリストアップ可能。加えて、検索ボックスが搭載され、登録済みのメンバーを探しだすのが容易となった。また、メンバーをニックネームで管理すれば、スクリーンネームを変更した相手もすぐに識別できる。

Microsft Messenger for Mac 7

「Office Communications Server 2007」のコーポレートアカウント利用時は、待望の音声/動画チャットに対応。また、複数のメンバーを会話に招待して、電話会議を行うことも可能だ。なお、パーソナルアカウントでは音声/動画チャットを利用できないものの、同社によれば現在開発に取り組んでおり、今後数カ月以内に開始時期をアナウンスするという

対応システムはMac OS X 10.4.9以上。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中