このページの本文へ

ナイキジャパン、ランニングデータを記録する「Nike+スポーツバンド」を発売

ガジェッターのランニング必須アイテム

2008年05月02日 19時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナイキジャパンは2日、ランニングのデータを記録してパソコンに保存する「Nike+スポーツバンド」を発売した。価格は7560円。

Nike+スポーツバンド」は、センサーとスポーツバンド型のデバイスがセットになった製品だ。ディスプレーにはペースや距離、消費カロリーなどの情報が表示される。終了後はディスプレー部を取り外してパソコンにUSB接続すると、自動的にワークアウトデータを「nikeplus.com」にアップロードしてデータを管理できる。

Nike+スポーツバンド

ウェブサイトでは自分のデータ管理はもちろん、ほかのメンバーの走行データの確認も可能だ。

操作は2つのボタンをするだけと簡単。レコードボタンはランニングの記録開始/一時停止/再開/休止を行い、トグルボタンをランニング中に押すと距離/ペース/タイム/消費カロリーを順に表示する。ランニング後は時刻表示や最終データ、総走行距離を確認できる。

対応システムはMac OS X 10.4.8以上、またはWindows XP SP2/Vsita以上。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中