このページの本文へ

GV-MVP/HS──待望の地デジ対応チューナーカードを使った

2008年04月19日 06時00分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EPGは地デジの放送波から取得


番組表画面
mAgicTV Digitalの番組表画面
番組表画面
EPGの取得が済んだことを表示するアラート

 EPGは「mAgicガイド Digital」という名称で、上部のタブで「番組表」を押すことで表示できる。従来はインターネットから番組表をダウンロードする仕組みだったが、地デジ対応ということで放送波から情報を取得する方式に変更されている。情報の更新は常駐ソフトの「mAgicマネージャー」により、1日3回行なわれ、パソコン起動時にはバックグラウンドで自動更新される。

 スポーツ中継の延長や放送時間の変更があった場合でも追従してくれる点は地上デジタル放送の特徴。GV-MVP/HSでもこの点はもちろんサポートする。

 情報取得は1チャンネルあたり90秒程度とのことだが、情報取得後自動的にスタンバイに入る設定なども用意されており、番組情報取得のためだけに長時間パソコンを起動して置かなければならないというケースはそれほど多くはなさそうだ。予約録画の登録は、番組名をダブルクリックするだけ。設定画面が呼び出され、OKボタンを押す。サスペンドから自動復帰して録画開始できるが、予約録画時には放送を視聴できない点、タイムシフト再生に対応しない点には注意だ。

予約画面
ダブルクリックで表示される予約録画の画面。デフォルトでは、HDD容量が不足した際に自動的に削除される設定になっているので、大事な番組は設定を変えること

 なお、時間になっても録画せず、番組の視聴を始める「視聴予約」という機能も今回から追加された。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン