このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

台湾発セクシーなUMPC「HTC Shift」の○と×

2008年04月15日 21時40分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HTC Shift
HTC Shift。スライド+チルト機構を備えた同社初のUMPCだ

 最近、面白いUMPC。続々と新製品が投入されている。新規参入のメーカーも相次いでいるが、Windows Mobileを搭載したスマートフォンの開発で知られるHTC Nipponもそのひとつだ。ここでは、同社が4月に発表したばかりの「HTC Shift」を取り上げる(関連記事)。



この質感には「萌える」としか言いようがない


 HTCといえば、Windows Mobileの市場で、世界トップシェアを誇る注目企業だ。HTCは公言していないが、HTC ShiftはWindows Vista機とWindows Mobile端末をワンボディーに収めた端末と言える。Vista+Windows Mobile=Shiftという図式は、HTCだからこそできたアイデア商品といえるのかもしれない。

HTC Shift HTC Shift
タブレットスタイルと一般的なノート的なスタイル。両方で使える
HTC Shift HTC Shift
やや窮屈めのキーピッチだが、なんとかタッチタイプも可能(写真左)。立ったまま使うならタブレットスタイルが便利だ(写真右)。液晶ディスプレーの左右にはポインティングデバイスを備えている

 まず最初に感じたのは、デザインのカッコよさだ。ジャンルは違うが、かつての「Palm Tungsten C」や「Treo 680」あたりを彷彿とさせる、丸みを帯びたボディーラインがセクシーである。アジア製なのに、欧米っぽいスマートさがある。HTCは「HP iPAQ」シリーズや「Treo」のOEMを行なっていた経緯もある。とすれば、このセクシー系のデザインは、HTCの十八番なのだろう。

 本体の質感の高さも特徴なのだが、実は見えない部分にもイチイチこじゃれていて、このへんも感心させられる。

HTC Shift
光沢塗装で、なかなかかっこいいUSBハブ。細部のデザインも凝っている

 例えば、付属品だ。光沢仕上げのUSBポートハブやイヤホンマイク。買ったら4~5000円はしそうなレザーケース(内張付き)に、やたらとデカイ化粧箱。さらに中にメッシュの間仕切りまであるACアダプター用ポーチ、左右対称にレイアウトされた放熱用スリットやステレオスピーカー……などなど。いずれもシンプルで美しい。

HTC Shift
付属品の一部。これ以外にも豪華な化粧箱やレザーケースなども付属している

 キーボードに関しては、タッチタイピング可能なギリギリのサイズだと思う。若干窮屈に感じるかもしれないが、キーストロークとクリック感は見た目以上にあって打ちやすい。小型でも「BackSpace」が右上に、「Shift」キーが右側にもあるなど、レイアウトに変則的な部分は少ない。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン