このページの本文へ

シューター歓喜のあまり失禁!

ついにXbox 360版「斑鳩」が解禁!

2008年04月09日 16時50分更新

文● 飯塚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2007年9月の「Xbox 360 Briefing 2007」で電撃発表されて以来、今か今かと待ち望み、ユーザーを焦らし続けてきたXbox 360版「斑鳩 IKARUGA」が、ついに今日の夕方にXbox LIVEアーケードタイトルとして配信される! 価格は800マイクロソフトポイント(1200円相当)。

斑鳩
「斑鳩 IKARUGA」

パズルのような要素も持つ高いゲーム性がウリの
本格シューティングゲーム


 「斑鳩って何なのよ?」という読者のために説明すると、斑鳩は2001年にアーケードゲーム向けに、2002年にドリームキャスト向けに発売されたシューティングゲーム。ゲームシステムにこだわるトレジャー作品なだけに、ただ弾を撃って敵からの攻撃を避けるだけのゲームにとどまらず、自機を「白」と「黒」の2つの属性に切り替えることで、相手の攻撃を吸収しながらステージを進んでいくことになる。

斑鳩 斑鳩
弾は多いが、ただの弾幕シューティングではない! 敵の弾を利用しながら全5ステージを進んでいくのだ

 敵にも同様に「白」と「黒」の属性が用意されており、白い敵が撃ってくる白弾は、白自機であれば吸収できる。逆に白弾に対して黒自機でぶつかるとミスとなる。また、白い敵に対して逆属性である黒自機で撃つとショットの威力が2倍になる。だが、逆に敵の弾でやられるリスクが高まる。さらに白い敵を同属性である白自機で倒すと、倒した直後に撃ち返し弾を撃ってくる。このため、敵を同属性で倒した直後に、自機の属性をチェンジするのは危険である。

 そのほか「白→白→白……」と同じ属性の敵を3機倒すごとに、チェーンボーナスが入る。このため、ハイスコアを狙うならただ敵を倒せばいいというわけではなく、倒す敵も選んでいく必要があるのだ。

チェーン
色の区別なく敵を倒していては、チェーンボーナスが繋がらないのでハイスコアは遠いぞ

他機種にはないオンラインでの協力プレイや
スコアランキング、リプレイデータのダウンロードも


 ネットワーク周りに一日の長があるXbox 360だけに、本作は単なる移植というわけではない。Xbox LIVEを介したオンライン上での2人プレイや、スコアランキングに登録されている世界中のトッププレイヤーのリプレイデータをダウンロードできてしまうのだ! 斑鳩のために出しっぱなしにしてある筆者のドリームキャストも、これで押し入れにしまえそうだ!

2人プレイ
オンラインでの2人プレイも可能。D4(720p)での画面表示にも対応し、縦画面に回転できる液晶ディスプレーならば縦画面にしてプレイできるぞ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ