このページの本文へ

インテル「BOXDG35EC」

約1年待ちました! 「G35」搭載のインテル純正マザーがついに発売!

2008年04月08日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル純正のVGA機能統合型チップセット「G35」を搭載するLGA 775対応マザーボード「BOXDG35EC」の販売が今日からスタートしている。

「BOXDG35EC」 基板
インテル純正のVGA機能統合型チップセット「G35」を搭載するLGA 775対応マザーボード「BOXDG35EC」

 「あれ?まだ出てないんだっけ?」と思わず口にしてしまいそうだが、「G35」を採用するマザーボードで発売されているのは、ASUSTeKから登場した2モデル「P5E-VM HDMI」/「P5E-V HDMI」程度と意外に少ない。チップセットの発表からずいぶん経過しているが、インテル純正の「G35」搭載マザーは今回が初となる。
 主なスペックは、micro ATXフォームファクタの基板に拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1という構成、メモリスロットがDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667まで対応、最大8GBまで)となっている。また、ギガビットイーサネット(Intel/82566DC)や6chサウンド(Realtek/ALC888S)、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDEなどをオンボードで搭載する。

スロット部 I/O部
主なスペックはmicro ATXフォームファクタの基板に拡張スロットとしてPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1。I/O部にはD-SUBとDVI-Dをそれぞれ1系統ずつ装備し、デュアルディスプレイ表示も可能だ

 また、I/O部にはD-SUBとDVI-Dをそれぞれ1系統ずつ装備し、デュアルディスプレイ表示も可能。ASUSTeKの2モデルではSouth bridgeに「ICH9R」を採用しているが、こちらはインテル純正だけに「G35」で正式にサポートするSouth bridgeとなる「ICH8」を採用している。
 なお、DirectX 10への対応はドライバのリリース待ちとなっている。価格はドスパラ秋葉原本店で1万800円、アークで1万1680円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万1980円。インテル純正のVGA機能統合型チップセットのマザーとしては安価と言えるだろう。

DirectX 10への対応 ポップ
「G35」正式サポートのSouth bridgeとなる「ICH8」を採用。また、DirectX 10への対応がドライバリリース待ちとなっている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中