このページの本文へ

Biostar「TPower N750」

SLI+Hybrid SLI対応チップ「nForce 750a SLI」搭載マザーがデビュー!

2008年04月05日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAのGPU統合型の新型チップセット「nForce 750a SLI」を搭載するBiostar製Socket AM2対応マザーボード「TPower N750」の販売が今日から始まっている。

「nForce 750a SLI」 BIOS画面
NVIDIAのGPU統合型の新型チップセット「nForce 750a SLI」。「GeForce 8200」と同じくHybrid SLI(GeForce Boost + Hybrid Power)をサポートするのが特徴

「nForce 700a」シリーズのミドルレンジ「nForce 750a SLI」

「nForce 750a SLI」 SLIに対応し、GeForce Boost + Hybrid Powerをサポートする「nForce 700a」シリーズのミドルレンジ「nForce 750a SLI」

 「nForce 750a SLI」は、こちらも今週初登場となったNVIDIA製チップセット「GeForce 8200」と同じくHybrid SLI(GeForce Boost + Hybrid Power)をサポートするのが特徴とされる製品。ここで、NVIDIAのAMDプラットフォーム向けGPU統合型新型チップセットのラインナップを簡単に整理しておくと以下のようになる。

「nForce 700a」シリーズ

  • nForce 780a SLI(3-way SLI対応/GeForce Boost + Hybrid Powerをサポート/ESAに対応)
  • nForce 750a SLI(SLI対応/GeForce Boost + Hybrid Powerをサポート)
  • nForce 730a(GeForce Boostのみサポート)
「GeForce 8200」シリーズ
  • GeForce 8200(GeForce Boost + Hybrid Powerをサポート)

 共通スペックとしては「GeForce 8000」シリーズがベースとされるDirectX 10対応GPUコア「GeForce 8200 mGPU」(チップセットの「GeForce 8200」とは別物である)を内蔵。PCI Express 2.0、DVI/HDMI、HD映像のデコードアクセラレーション機能「PureVideo HD」に加え、ギガビットイーサネットや6つのSerial ATA、0/1/0+1/5対応のRAID機能などが挙げられる。

「TPower N750」 ポップ
「nForce 750a SLI」搭載第1弾となったBiostar製「TPower N750」
ジャンパーでの設定
拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(SLI時はx8+x8動作)、PCI Express x1×1、PCI×3という構成。ただしx8+x8動作のSLIを構築するには、最近では珍しいジャンパーでの設定が必要

 「nForce 750a SLI」搭載第1弾となった「TPower N750」は、ATXフォームファクタの製品で、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(SLI時はx8+x8動作)、PCI Express x1×1、PCI×3、メモリスロットがDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667/533、最大16GBまで)という構成。オンボードインターフェイスには、VGA機能やギガビットイーサネット(Realtek/8111C)、8chサウンド(Realtek/ALC888S)+2ch HD Audio、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/0+1対応)、IDE×1などを搭載し、I/O部に用意される映像出力はDVI-Iが1ポートのみとなっている。なお、製品にはDVI-HDMI変換アダプタが付属する。価格および販売ショップは以下の通りだ。

ジャンパー I/O部
付属品 I/O部に用意される映像出力はDVI-Iが1ポートのみ。ただし、製品にはDVI-HDMI変換アダプタが付属
価格ショップ
「TPower N750」
¥14,970フェイスカスタム館
¥14,980アーク
フェイスパーツ館
¥15,480TSUKUMO eX.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中