このページの本文へ

週末見るコンテンツはコレ★ 第34回

【週末見るコンテンツはコレ★】

有野課長だけで懐ゲーは語れない! ファミコン世代必見の3作品

2008年04月04日 22時15分更新

文● 大石太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今の時代に8ビットゲーム!?
ゲーム界のカリスマたちが集った
「ゲーム・ジェネレーションX ~8ビットの魂~」

「ゲーム・ジェネレーションX ~8ビットの魂~」のパッケージ

「ゲーム・ジェネレーションX ~8ビットの魂~」のパッケージ。(c)MONDO21/JIC

ゲーム・ジェネレーションX ~8ビットの魂~
DVD
価格:1万2000円
発売日:2008年2月2日(発売中)


発売:コロンビアミュージックエンタテインメント
http://columbia.jp/

 これは、今の時代にファミコンゲームを作ってしまった男達の物語。

 「本当に面白いゲームとは何か?」

 プレーヤーもクリエーターも、誰もが一度は想いを馳せる難問。ハードの性能が上がり、映画と見まごうほどのゲームが続々と登場するなか、ゲームとしての面白さの本質は年々曖昧になってきている。面白いってどういうことだろう?

苦労の末に制作した8ビットゲーム「ミスタースプラッシュ!」の画面

苦労の末に制作した8ビットゲーム「ミスタースプラッシュ!」の画面

 “高性能ハード”の装飾をはぎ取ってしまえば、最後に面白さの本質が残るのではないか? ということで始まったプロジェクト。結果的に「本当に面白いゲームとは何か?」という大命題には答えが出ないまま終わってしまうのだが、そんな難問がファミコンゲームを1本作ったくらいでわかってしまうようだったら世のゲームクリエーターは苦労しない。

 本作の面白さは、恵まれた製作環境に慣れてしまった人たちが、プログラムに32KB、キャラクターデータに8KB、使用言語はアセンブラという過酷な条件のもと、たった2ヵ月という製作期間で挑み、苦悩しつつも乗り越えていく姿にある。企画から製作、ファミ通によるレビューまで、(ファミコンゲームとはいえ)ゲーム製作に関するすべての過程を知ることができるのは、いちゲームファンとして非常に興味深い。

 ゲームファンはもちろん、プロジェクトX的なドキュメンタリーがお好きな人にもオススメ!

パッケージには「ミスタースプラッシュ!」のゲームCD-ROMを封入されている

パッケージには「ミスタースプラッシュ!」のゲームCD-ROMを封入されている

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画