このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第18回

ゴクラク、日本語入力「922SH」

2008年04月03日 21時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キータイプが快適、予測変換も優秀


キーボードが傾斜
机の上に置くと、キーボードが傾斜する設計になっている点がユニーク。ディスプレーもキーボードも、ちょうどいいポジションで使える卓上ケータイというのは初めてじゃないだろうか

 まず少し横に幅が広いキーはありがたい。指が太くても爪が長くても、キチンと素早く確実にキータイプをこなせる。キーボードに慣れてくれば、すべての文字列を打ち込んで変換というスタイルで、自分の意図した通りの言葉遣いで文章を作成できる。

 まだローマ字入力のキーボードに慣れていなかったり、ちょっと操作が面倒な場合は、ひらがな1文字を入力してカーソルから予測結果を選べばいい。搭載されている日本語入力システム「ケータイShoin6」は、AI予測変換が強化されており、文法や言い回しの変換も可能になった。

 例えば「水が」のあとに「ひ」を入力すると「冷える」という候補が最初に来るが、続けて「水を」のあとに「ひ」を入力すると「冷やす」が最初の候補になる。細かい点ではあるが、文字入力が減らせるだけでなく、予測変換候補から選ぶ手間まで減らしてくれる。

 だめ押しのように、十字キーの位置までベストポジションだ。922SHの十字キーやソフトキーはキーボードの右上のエリアにまとめられており、右手で端末をしっかりグリップすると、自然と親指の下に十字キーがくるようになっている。フルキーボードを備えた端末の中には、予測変換の候補を確定させるために指をあちこちに伸ばさなければいけないものもあるが、922SHなら入力から変換、確定までスムーズに操作できるのだ。

とにかく日本語入力が早い とにかく速く日本語入力できる

 キータイプも快適、予測変換も頼れる存在。非常にリッチな日本語環境は、既存のケータイ、スマートフォンを探しても、ほかに類のないできのよさだ。

 「インターネットマシン」との異名を取る922SHは、基本的なケータイの機能をすべて揃えた上で、PCメールや添付ファイルの閲覧などに対応し、さらに国語/英和/和英の電子辞典まで備えている。

 世界的に見てもケータイカルチャーが進んでいる日本人のケータイにおけるネット活用を、快適な日本語環境とともに広げてくれる。922SHは、そんな1台になるのではないだろうか。


松村さん

筆者紹介──松村太郎


ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。ライフスタイルとパーソナルメディア(ウェブ/モバイル)の関係性について探求している。近著に「できるポケット+ iPhoto & iMovieで写真と動画を見る・遊ぶ・共有する本 iLife'08対応」(インプレスジャパン刊)。自身のブログはTAROSITE.NET



*次回は4月10日掲載予定


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン