このページの本文へ

んがっ! 白濁を口元に滴らせるシャナ&ヘカテー! これはさすがにヤヴァイぜ! 

2008年03月28日 19時58分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メカ少女キターーッ! トリガーハート エグゼリカ

 ワンフェスでも目をつけていたゲーム「トリガーハート エグゼリカ」から、エグゼリカの発売!

巨大パッケージ

見よっ! この巨大パッケージ!

 この巨大なパッケージが分かるだろうか? エグゼリカ自体は1/8スケールなのだが、ゲーム中の装備がフルセットになっているため巨大パッケージになっている。その大きさは、筆者が幼少の頃買ってもらえなかった、プラレールのいちばん高価なデラックスセット級!

友達の家に行くとタンスの上に誇らしげに置いてあり、羨ましかったよ!

 このエグゼリカもタンスの上にパッケージがあると、オタク勝ち組としてのステータスになるだろう。

人型戦闘マシンのトリガーハート自体はこんな感じ

 彼女はトリガーハートと呼ばれる人型戦闘マシン。なんでも試作機は、かなり大きな躯体だったらしいが、技術の進歩により小型化に成功。女子中学生サイズまでコンパクトにできたという話だ。
 しかも! マシンのクセに可愛い顔してるわ、手頃なオッパイのサイズだわ、装甲は白の旧スクール水着だわと、エンジニアのタダならぬこだわりだ。

エンジニアのフェティズムをありったけ注ぎ込んだ戦闘マシン

 エンジニアとプログラマは、大半がロリである(苦情のメール待ってまーす!)。彼らの欲望、妄想を込めて、このようなロリータを意識したデザインとしたのだろう。

 いや、そうに違いない! 絶対そうだ! 何しろ俺がそうだ!

 パッケージの中では、装備が外された状態で格納されていたため、さまざまなオプションを換装した状態はパッケージ写真から。

これぞ、メカ少女っ! スカイガールズと戦わせてみたいぞ!

 さらにゲーム中に登場するウェポン、半自律随伴砲撃艦「アールスティア」とエグゼリカの特徴とも言えるアンカーユニット(敵機に打ち込んで捕捉・粉砕)「ディアフェンド」もセット。

フル装備状態

左がアールスティア、右がアンカーユニット

 燃えと萌えのコラボレーションで、ハートも股間も熱くなるエグゼリカとなっている。

 1/8スケール「トリガーハート エグゼリカ」は、アルターより発売されており、価格はコトブキヤラジオ会館店で1万5540円、ソフマップ秋葉原店アミューズメント館で1万2980円、アソビットキャラシティで1万4700円となっている。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ