このページの本文へ

Corsair「TWIN3X4G-1600C9DHX」

DDR3-1600対応メモリ急落! 3万円以上も値下がり!

2008年03月22日 21時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 20日の記事でもお伝えしたDDR3メモリ価格の急落だが、本日登場したCorsair製DDR3-1600(PC3-12800)対応メモリも、先週の相場より3万円以上も値下がりして発売されている。

「TWIN3X4G-1600C9DHX」

DDR3-1600(PC3-12800)対応の2GBメモリ2枚セット「TWIN3X4G-1600C9DHX」。なんと4万3800円と先週の相場より3万円以上も値下がりしている

 発売されたのはDDR3-1600(PC3-12800)対応の2GBメモリ2枚セット「TWIN3X4G-1600C9DHX」。レイテンシは9-9-9-24(DDR3-1600/1.8V)/7-7-7-20(DDR3-1066/1.5V)で、同社オリジナルの排熱技術“Dual-path Heat Xchange Technology”を使用したヒートスプレッダを装着するお馴染みのモデルだ。

レイテンシは9-9-9-24(DDR3-1600/1.8V)/7-7-7-20(DDR3-1066/1.5V)。DDR3-1600(PC3-12800)対応の2GBモジュールで2万円、1GBモジュールで1万円を切ってくれば、一気に普及すると思われる

 今日から販売しているアークでは、価格4万3800円。ちなみに、同店では先週までDDR3-1600(PC3-12800)対応の2GBメモリ2枚セットは約7万円前後(レイテンシCL7のモデルとはいえ)で販売していたので、3万円以上も値下がりした計算だ。
 価格的には、DDR2対応のオーバークロック系メモリでも高価なものでは3万円前後はする。DDR3-1600(PC3-12800)対応の2GBモジュールで2万円、1GBモジュールで1万円を切ってくれば、価格帯的にはクロスし始める。そうなれば、まずはハイエンドユーザーを中心にDDR3への移行が始まるかもしれない。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中