このページの本文へ

メール機能を中心に機能拡充がなされた

ウィルコム、“アドエス”の更新プログラムを提供開始

2008年03月19日 21時49分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ウィルコムは19日、シャープ(株)製「Advanced/W-ZERO3[es]」(WS011SH)の内蔵ソフトウェア更新プログラムの提供を開始した。

アドエス新色

新色ピーチブロッサム

 今回の更新の主な特徴は、メール機能の強化にある。「デコラティブメール for W-ZERO3」を使ってメールに装飾を施すことが可能となったほか、絵文字の互換性強化により、他キャリアーと絵文字メールのやりとりができるようになった。

 そのほかにも、よく使うプログラムや設定をすぐに起動できる「ホームメニュー機能」や、ワンタッチで手書きメモを取れる「クイックメモ機能」などを追加。さらに動作の安定性を向上させた。

 なお、同日発売されたAdvanced/W-ZERO3[es]の新色「ピーチブロッサム」の内蔵ソフトウェアは、この新バージョンが適用されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン