このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

やる気にさせるサイクルメーター ブリヂストン「emeters」

2008年03月24日 00時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中高年世代の趣味の広がりやメタボ対策などで、どうやら自転車が何度目かのブームとなっているようだ。自転車の楽しみ方にもいろいろあるが、長距離のツーリングにしても、のんびりと近所を走る「ポタリング」であっても、一定の目標を持っていたほうが長続きするのは確かだ。

 自転車トレーニングには走行距離や平均速度を目安として、1日に走った距離や速度を記録してログを管理するのが一般的である。最初のころにはせいぜい1日30kmかそこらで根を上げていた脚も、数ヵ月も走れば余裕で半日60kmをこなせるようになっている自分に驚いたりする。

 速度や距離のログ(記録)を取るのであれば速度・距離計が必要なわけだが、自転車用のものは一般的に「サイクルコンピューター」もしくは「サイクルメーター」と呼ばれている。もちろんコンピューターと言ってもそれほど高度な情報端末というわけではない。

 しかし中には速度と距離、平均速度や積算走行距離などを計測する機能を持つものもあり、なかにはセンサーによって自転車のギアポジションや走者の心拍数を表示/記録できるものもある。また、パソコンに計測結果を転送可能なものもある。そんな中登場したのがブリヂストンサイクルの「emeters」だ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ