このページの本文へ

玄人志向「RH2400PRO-LP256H」

いつまで出る? PCI対応の「Radeon HD 2400 Pro」搭載カード

2008年03月15日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
    

 昨日紹介した玄人志向の一風変わった「Radeon HD 2400 Pro」搭載ビデオカード「RH2400PRO-LE256HW」に続き、今度は同GPU採用のPCI対応モデル「RH2400PRO-LP256H」が発売となった。

「RH2400PRO-LP256H」
「Radeon HD 2400 Pro」搭載のPCI対応モデル「RH2400PRO-LP256H」。Radeon HD 2000シリーズでは初となるPCIインターフェイスとなる

 Radeon HD 2000シリーズでは初となるPCIインターフェイスの「RH2400PRO-LP256H」。もうそろそろ引退しても……と思っている人も少なくないだろうが、そこは玄人志向。昨年11月には「GeForce 8500 GT」搭載のPCI対応モデル「GF8500GT-P256H」も発売されているので、今後も続く可能性はあるかもしれない。
 主なスペックはコア/メモリクロックが525MHz/800MHzで搭載メモリがDDR2 256MB(64bit)、ブラケット部の構成がVGA/DVI/TV-OUT(HDTV対応)で、2種類のLowProfileブラケットのほか、DVI→D-SUB変換コネクタやHDTV対応コンポーネントケーブル、S端子→コンポジット変換コネクタなどが付属している。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで1万3080円、アークで1万3650円となっている。

「RH2400PRO-LP256H」
もうそろそろ引退しても…と思っている人も少なくないだろうが、がんばるPCI。「GeForce 8500 GT」搭載のPCI対応モデルも発売されているので今後も続くかも?

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中