このページの本文へ

レノボ、小型/静音でエコなデスクトップPCを発表

2008年03月11日 14時54分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパン(株)は11日、デスクトップPC「ThinkCentre」(シンクセンター)シリーズで最小という、本体サイズが幅272×奥行き242×高さ81mmの小型筐体を採用した「ThinkCentre M57 Eco Ultra Small」を同日付けで発売した。電話注文などから受注を受け付けており、近日中にダイレクトショップなどで販売を開始する。

 ラインナップはCPUにCore 2 Duo E8200(2.66GHz)を搭載した「6394A12」、Celeron 440(2GHz)を搭載した「6394A11」の2機種。価格は順に13万6500円、8万9250円。

ThinkCentre M57 Eco Ultra Small

ThinkCentre M57 Eco Ultra Small

 ThinkCentre M57 Eco Ultra Smallは、同社デスクトップパソコンでは初となる、プラスチック部品にリサイクル材料を使用した製品となっている。それ以外にも環境に配慮した製造時の化学物質の排出などを行なった生産を行なっており、米国環境基準「GREENGUARD」に認定されているのが特徴。

 小型筐体を採用しているほか、音響レベルが4.0ベル以下という高い静音性能を持ち、同社のデスクトップパソコンで最も静かだという。

 セキュリティー機能として、ボタンを押すだけでウイルスからの復旧や、システムのアップデート、HDDのクリーンアップなどを行なえる「ThinkVantageテクノロジー」を搭載している。そのほか、最新の「TPMセキュリティー・チップ」なども備えている。

 各製品の仕様は次のとおり。

6394A12
CPU:Core 2 Duo E8200(2.66GHz)| メモリー:DDR2-667 2GB| グラフィックス:Intel Q35 Expressチップセット内蔵
HDD:160GB| 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
サイズ:幅272×奥行き242×高さ81mm| OS:Windows Vista Business
6394A11
CPU:Celeron 440(2GHz)| メモリー:DDR2-667 1GB|OS:Windows Vista Business|上記以外の仕様は6394A12と同等

カテゴリートップへ