このページの本文へ

目玉はケータイ対応――サイボウズ、SFAの新バージョンを販売開始

2008年03月10日 18時56分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイボウズは、SFA製品「サイボウズ ドットセールス」の新バージョン「ドットセールス 1.1」の販売を開始した。


リモートサービスとの連携で設定を簡単に


目玉はケータイ対応――サイボウズ、SFAの新バージョンを販 売...
モバイル対応版の画面サンプル

 「サイボウズ ドットセールス」は、社内の営業情報を共有できるSFA(営業支援)システム。営業のコンタクト履歴や商談の進捗状況、営業スケジュール、顧客情報などを蓄積し、案件成立の見込みを営業部内で共有することができる。今回発表された「ドットセールス 1.1」は、新たに「モバイル機能」に対応したのが特徴だ。

 モバイル機能では、携帯電話のブラウザを使い、内容の閲覧や書き込みなどが可能となった。営業担当者は、外出先からでも顧客情報や営業スケジュールを確認することができ、業務効率が格段に向上するという。また、今回から同社のASP型簡易VPN「サイボウズ リモートサービス」との連携により、ファイアウォールなどの設定変更を行なう必要なく、社外から安全にアクセスできるようになった。

 そのほか、「Linux対応」「CSVデータ入出力」「グループウェア連携」など20カ所以上の機能強化を行なっている。

 価格は、30ユーザー105万円から。ドットセールスのユーザーは現在120社。2009年1月末までに新たに100社以上の導入を目指す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ