このページの本文へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第15回

データ中心のケータイ誕生「S11HT」

2008年03月10日 16時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

依然として「電話」も強い


 しかし、そんなデータ通信が伸びている一方で、日本におけるほとんどの端末は、依然として「電話」なのだ。

 例えば、ストレート型の端末はケータイがまだ「携帯電話」だった頃のスタンダードな意匠を保っている。

 新しいテクノロジーとレトロ感が混在したauの「INFOBAR 2」、鉄板のようなデザインで非常にクールなドコモの「D705iμ」、薄さを極める8.9mm厚のソフトバンクの「822P」。大手3キャリアーでは、この携帯電話の意匠をおしゃれな「デザイン端末」として扱っている。

INFOBAR 2 D705i 822P
auの「INFOBAR 2」ドコモの「D705i」。なお開発元の三菱電機は携帯電話事業からの撤退を表明しているソフトバンクの「822P」

 またサービス面でも、今の価格競争の主戦場は音声通話だ。「ホワイトプラン」「ホワイト家族24」で成果を挙げているソフトバンクを追随して、ドコモもやauもビジネス向けや家族間の通話を定額にした。

 といっても、ドコモやauは、ソフトバンクように(時間限定だが)同じキャリアの誰とでも無料で通話できるという踏み込んだサービスにはなっていない。しかし、ここも今後の競争で変わってくるだろう。



「どこでもブロードバンド」なサービス


 「ケータイ」の時代を迎えても、「音声通話」を重視しした端末やサービスがまだまだ主流だった。しかし、新規参入のイー・モバイルは、そんな状況に反して音声通話なしの状態から事業をスタートした。

EM・ONE α
Windows Mobile端末の「EM・ONE α」

 イー・モバイルが2007年3月末に始めたデータ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」では、シャープの携帯情報端末「EM・ONE」シリーズとデータ通信カードが販売された。

 最大3.6Mbps(最近では最大7.2Mbps)という高速なデータ通信を月額5980円という定額で提供したというサービス内容が受けたうえ、量販店で大々的なキャンペーンを行なった効果もあったのか、1年も経たない2008年1月にはユーザー数が約23万人(電気通信事業者協会調べ)にまで増えていた。

 イー・モバイルの利用者も、最近のケータイユーザー同様にデータ通信を中心に考えているわけだが、ケータイのパケット通信とイー・モバイルのデータは種類が違う。

 ケータイのパケット通信において定額で利用できるのは、ケータイ向けのメールやウェブ、アプリといった、ケータイの閉じられた世界のみ。一方でイー・モバイルは、基本的にはパソコンと同じウェブサイトやサービスを使える。

 イー・モバイルは、都市部では広がってきた公衆無線LANと同じ用途であり、それが点ではなく面で対応したのがEMモバイルブロードバンドといえる。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン