このページの本文へ

OCZ「OCZ DDR2 PC2-8500 Reaper HPC 4GB Edition」

オーバーヘッドヒートパイプ!?で冷却するOC仕様DDR2メモリ!

2008年03月06日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒートパイプによる冷却機構を備えるDDR2メモリ「OCZ DDR2 PC2-8500 Reaper HPC 4GB Edition」がOCZから発売された。

「OCZ DDR2 PC2-8500 Reaper HPC 4GB Edition」

ヒートパイプによる冷却機構を備えるOCZ製DDR2メモリ「OCZ DDR2 PC2-8500 Reaper HPC 4GB Edition」

 Reaper HPC(Heat Pipe Conduit)シリーズとされる同メモリは、本体ヒートスプレッダの熱をヒートパイプを通して上部のヒートシンクに放熱するというもの。主なスペックはDDR2-1066(PC2-8500)のレイテンシは5-5-5-18、動作電圧は2.1V、EPP対応。2GBモジュールの2枚セットとなる。販売しているのはアークで、価格は2万8500円だ。

Reaper HPC(Heat Pipe Conduit)シリーズとされる同メモリは、本体ヒートスプレッダの熱をヒートパイプを通して上部のヒートシンクに放熱するというもの。主なスペックはDDR2-1066(PC2-8500)のレイテンシは5-5-5-18、動作電圧は2.1V、EPP対応

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中