このページの本文へ

MSI「K9A2GM-F V2」

「AMD 780V」チップセット初採用のマザーボードデビュー

2008年03月05日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日4日付けでようやく正式発表されたAMDのDirectX 10対応のグラフィックスコアを備えるチップセット「AMD 780G」と「AMD 780V」。MSIからは、その「AMD 780V」を採用するマザー「K9A2GM-F V2」の販売が開始されている。

「K9A2GM-F V2」 基板
初登場となる「AMD 780V」を採用するMSI製マザーボード「K9A2GM-F V2」

 初登場となる「AMD 780V」は「AMD 780G」の下位モデルとなるチップセット。統合のVGA機能が「AMD 780G」では「ATI Radeon HD 3200」となるのに対して、「AMD 780V」では「ATI Radeon 3100」となる。両者ともにDirectX 10対応のグラフィックスコアを備えるという点は同じものの、最大の違いはBlu-rayディスクやHD DVDなどの映像デコードをハードウェアで支援する「Enhanced Unified Video Decoder」(Enhanced UVD)をサポートするかしないかという点で、この場合下位モデルとなる「AMD 780V」では非サポートとなる。

South bridge周辺 I/O部
全体的にシンプルな仕様。ただ、South bridgeに「SB700」を採用しながらSerial ATA IIポートが4つのみというのは残念だ

 「K9A2GM-F V2」の主なスペックはフォームファクタがmicro ATX。South bridgeが「SB700」で拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成。メモリスロットはDDR2 DIMM×2(DDR2-1066/800/667/533まで対応、最大4GBまで)。オンボードインターフェイスとして先のVGA機能やギガビットイーサネット(Realtek/8111C)、8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/0+1対応)、IDE×1などを搭載している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

価格ショップ
「K9A2GM-F V2」
¥9,480T-ZONE.PC DIY SHOP
¥9,980ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
¥10,473クレバリー1号店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中