このページの本文へ

パソコンを使用しないで無線LAN設定が行なえる

コレガ、ゲーム向け無線LANアクセスポイント「CG-WLGAP01」を発売

2008年03月03日 17時37分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)コレガは3日、IEEE 802.11b/g対応の無線LANアクセスポイント「CG-WLGAP01」を発売する。価格は5985円。発売時期は今月上旬。

CG-WLGAP01

CG-WLGAP01

 CG-WLGAP01は、工場出荷時からWEPの暗号キーが登録されており、本体裏面のシールに印刷されたWEPキーをゲーム機などから入力することで、パソコンに接続して設定しなくてもインターネット経由の対戦などを行なえるのが特徴。 2つの異なるセキュリティーを設定できる「マルチAP機能」に対応している。

 そのほかの暗号化方式は、「WPA2-PSK」、「WPA-PSK」などに対応する。無線LANアクセスポイントとしてパソコンなどからの利用も可能だ。

 インターフェースは、10/100BASE-TX端子のWANポートを1系統用意する。本体サイズは幅100×奥行き81×高さ25mmで、重量は100g。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE、Mac OS X 10.4以上。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン