このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

画像編集ソフト

レビュー:Adobe Photoshop Elements 6.0

2008年02月29日 09時00分更新

文● 諫山研一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

躍進したBridge!これだけでも買う価値大


 前述のとおり、上位版と同等のCS3をベースとした「Adobe Bridge」が備わった。ここでは、新Bridgeの進化した点をまとめよう。

Elements8

旧バージョンのBridgeの画面。キーワード機能やメタデータなどのウィンドウが小さくて見にくい。サムネールのサイズにも限界があった

Elements9

撮影情報が大きく表示され、使い勝手が向上した新Bridge。プレビュー画面で拡大したい部分をクリックするとルーペが現れ、拡大表示してくれる

 まず、Exif情報を確認しやすくなった点に注目したい。シャッター速度やISO感度など表示可能な情報量が増えたほか、従来のBridgeでは表示範囲を広げないと見えにくかった情報がひと目で確認できるようになった。また、これまでも表示方式を変更すればRAWデータのサムネールを表示できたが、本バージョンではプレビュー画面をクリックするだけで部分的に100〜400%まで拡大して確認でき、現像前のピントチェックがスムーズに行える。

 素早く目的の写真を検索できる「キーワード」設定を備えるなど、写真を効率的に管理できるよう工夫。サムネールをドラッグ&ドロップして、ほかのフォルダーに移動/コピーできるほか、不要なファイルの削除も可能だ。

 Bridgeは単体でも動作するため、画像管理ソフトとしてもぜひ活用してもらいたい。


【Conclusion】
○  CS3から受け継がれた多彩なレタッチ機能を備えたソフトが、お手頃価格で手に入る。インテルMacにも対応し、パフォーマンスが向上した点も見逃せない。

×  Windows版との違いがなく、新鮮味に欠けている。また、全画面を使うインターフェースのサイズを変更できないため、少々窮屈に感じられることもある。

(MacPeople 2008年4月号より転載)


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中