このページの本文へ

ラック、企業のITリスク管理を支援するSaaSを提供

2008年02月20日 19時23分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラックは、社内のIT機器のセキュリティポリシー遵守を支援するSaaS型のサービス「コンプライアンス管理サービス」の提供を3月3日から開始する。


SaaSモデルの年間契約型サービス


 「コンプライアンス管理サービス」は、社内の各サーバやネットワーク機器、クライアントPCを対象に、最新の脆弱性情報をベースにしたセキュリティ診断を実施するSaaS型サービス。

 サービスには、米Qualys社のリモート診断ソフト「QualysGuard」を採用し、精度の高いセキュリティ診断と緊急度を含む包括的な脆弱性レポートを提供。数百台~数千台を超えるクライアントPCで構成される大規模システムにも対応する。QualysGuardによる脆弱性診断システムと診断結果データベースは、ラックが運用するセキュリティ監視センター「JSOC」で厳重に管理される。

 価格は、運用・診断・レポーティング・アドバイスまでをラックの専門家が行なうプロフェッショナルサービスが年間契約2000万円から。顧客自身で診断・レポーティングを行なうセルフサービスは年間契約50万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ