このページの本文へ

USBメモリのセキュリティを確保せよ第1回

バッファロー、データを自動暗号化するUSBメモリーを発売

2008年02月14日 18時02分更新

文● 編集部 盛田諒

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)バッファローは14日、保存されたデータをすべて自動的に暗号化するUSBメモリー「RUF2-HSCW」シリーズを計5製品発表した。発売は3月上旬。価格はオープンプライスで、予想実売価格は7800円から。

RUF2-HSCW

 本製品は、米国政府の標準暗号化方式であるAESのうち256bitの暗号鍵を利用する「AES 256bit」方式を用いてハードウェアレベルでの暗号化を行なうUSBメモリー。転送速度は1GBの「RUF2-HSC1GW」の場合、100MB書き込みが25.9秒、読み出しが同様に6.9秒。

 利用する際には、本製品に収録されているツールを実行してパスワードを設定。以降は、本製品をパソコンに接続した際に表示される入力画面に設定したパスワードを入力する。また、企業向けのUSBメモリー専用セキュリティーソフト「SecureLock Manager」に対応する。

 製品バリエーションは容量別に5種類。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE/Windows Server 2003。

512MB(RUF2-HSC512W)
予想実売価格:7800円
1GB(RUF2-HSC1GW)
予想実売価格:9800円
2GB(RUF2-HSC2GW)
予想実売価格:1万4800円
4GB(RUF2-HSC4GW)
予想実売価格:1万9800円
8GB(RUF2-HSC8GW)
予想実売価格:2万4800円

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン